FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


真っ赤な彼岸花が、田んぼの畦を飾っていた。

今朝は、歩き始めてすぐに強風に煽られた霧雨が、体に絡み付き、全身びしょ濡れになってしまった。真っ赤な彼岸花『ヒガンバナ』が、田圃の畦を飾っていた。この花は、季節と約束でもしているかのように、秋の彼岸になると、突然地中から花芽を出し、赤い花を咲かせるので驚かされる。中国原産のこの花は、畦や道端、墓場、堤防など、日当たりの良い場所で見かける。また、彼岸花は、別名、曼殊沙華『マンジュシャゲ』とも呼ばれ、仏教の梵語で『赤い花』という。そして、球根には毒があり、人為的に墓地や田の畦に植え、田を荒らすネズミや、モグラ、虫など、墓地は、土葬後、死体を動物に荒らされないようにと考えていたようだが、定かではない。我が国では、一般的に彼岸花『ヒガンバナ』と言っているが、別名で、曼殊沙華、リコリスなどと呼ばれているが、リコリスは学名、彼岸花は和名、曼殊沙華は別名ですべて同じ植物なのです。なぜか彼岸花は、いろいろな呼び名で迷信が作られているため、死を連想させる暗いイメージがあるようだが、仏教の経典には、『天上の花』、『赤い花』と書かれてあり、めでたい事に付けられた呼び名である言われている。赤、白、ピンク、どの花を見ても華やいだ美しい花である。今日も一日中、愚図ついた雨模様だと言う天気予報を聞き、うんざりした。

IMG_1922.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2469-357a5999

 | ホーム |