FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ヤマボウシの甘く熟した実を食べながら野道を行く

空気が澄んで気持ちの良い朝になった。しかし、長雨が続いたせいか、林の中は、まだ湿ったままだった。丘陵の坂道には、雨で流されて溜まった落ち葉が、あちこちに塊になって残っていた。薄暗かった林の中に木々を通して朝陽が射し込んできた。林は生き返ったように爽やかな明るさを取り戻した。しばらく聞こえなかったセミの鳴き声が、過行く季節に、おのれの残された儚い命を感じるのか、力の限りに鳴いているように感じた。林を抜け、杉の木立が並ぶ丘の上まで登って来ると、すでに陽は高く上がり、眩しい陽射しが、秋を語る草花に投げかけていた。天気不順に、なかなか色づき、実らなかった山法師『ヤマボウシ』が、やっと熟した実を枝いっぱいに鈴なりにしていた。枝から数個摘み取って、味わいながら歩いた。ねっとりとしたマンゴーに似た甘みが、味覚を刺激した。秋は季節の中ほどまで歩いて来ていた。

IMG_1905.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2473-daf166b0

 | ホーム |