FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


しっとりと濡れるような雨の降る朝に

しっとりと濡れるような静かな雨が降っていた。赤い鬼灯に似た浮釣木『ウキツリボク』の花先から、読書にふける少女が感動のあまり流す涙の様な一滴が落ちた。ラベンダーカラーのお揃いの衣装を着けて、地中から躍り出た妖精たちが、顔を寄せ合って、なにやら楽しい話を語り合っている声が聞こえて来そうに見える『イヌサフラン』の花たちの様子をそっと覗いて見た。雨に濡れても負けずに元気良く、色とりどりに咲くプリムラの庭で、ピンク色の一叢に、暖かさを感じさせられて足を止めた。枝から繁る葉を傘にして、雨を避けながら咲く茶花は、今が満開の季節を迎えていた。私には感じないが、花は香りを発しているのだろうか、天気が悪いにもかかわらず、この季節を逃しては、蜜を集められないと、『マルハナバチ』が忙しなく、花から花へと飛び回っていた。木の根元では、花と実を同居させた犬鬼灯『イヌホオズキ』の葉の上に雨粒が、儚い命の一時の憩いを過ごしていた。


IMG_6051_20201103125834aef.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2508-e30e9993

 | ホーム |