FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


自然は、色々な色彩を見せてくれた。

この所の自然は、いろいろな色彩を見せてくれていた。高貴な色と捉えられている『紫』色、それは、名前の通りの『紫式部』に見られた。はじめ『ムラサキシキミ』と呼ばれていたようだが、平安時代の女流作家の紫式部に因み、『ムラサキシキブ』と呼ぶのが一般的になった様だ。『シキミ』とは、重なる実と言う意味です。情熱的な『赤』色は、莢蒾(ガマズミ)に見られた。別名『カリンカ』と呼ばれ、ロシアの愛唱歌に出て来るカリンカ(セイヨウカンボク)である。赤く熟して、表面に粉を吹く頃に食すと、甘酸っぱくて美味い。瑞々しく爽やかな『青』色は、葉が茗荷に似て、藪に生えるので、藪茗荷『ヤブミョウガ』と呼ばれている果実に見られた。茗荷は、和食の薬味として使用されてお馴染みですが、藪茗荷は、葉や茎を折ると、ミョウガに似た香りがするが、あまり食卓に乗ることは無い。蔓を伸ばして桜の木に絡みついていた隼人瓜『ハヤトウリ』が、西洋ナシの形に似た果実を沢山付けていた。人の名前の様な呼び名が付いているのは、この瓜が日本に初めて渡って来た所が、鹿児島だったので、隼人の瓜であると言われ、『ハヤトウリ』と呼ばれるようになったという。漬物にすると、歯ごたえが良く美味しく食べられる。


IMG_4285_2020110710585204d.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2512-6a7d094d

 | ホーム |