FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


神社の境内に、沢山のギンナンが落ちていた。冬に咲く紫陽花にビックリ。

墨泉光院のお葉付きイチョウの実『ギンナン』が、足の踏み場が困る程、境内に落ちていた。独特の匂いが辺り一面漂っていて、胸くそ悪い気分になった。しかし、臭い果肉を取り除いて、一週間ほど天日干しにした後、封筒に入れ、電子レンジで10秒ほど調理すると、パンパンと弾ける音と共に硬い殻が割れ、中からヒスイ(翡翠)に似た緑色した綺麗な実が飛び出す。これを食べると、この上もなく美味いのだ。よく質問される事がある。『茶碗蒸しにギンナンが必ず入っている』のだが何故なんだと、諸説あるようだが、ギンナンは、漢方に使用されるほど効能があり、中国で薬膳料理に用いられていて、その食文化が日本にも伝わり、茶わん蒸しにギンナンを入れるようになったと言う。また、もう一つ謎が解けた事があった。ある家の庭の奥に、どう見ても紫陽花に似た花が咲いているのだが、季節からどう考えても不自然であった。紫陽花は、夏の季語にも使用されるように、6,7月に咲く花であって、今の季節に咲く花ではない。これもまた温暖化による狂い咲きかと片づけてしまう所だったが、しかし腑に落ちない点があったので、ネットで調べてみた。目からうろこ、冬咲き紫陽花、『スプリングエンジェル』と言う種類があることが判った。普通のアジサイは、落葉低木だが、冬咲き紫陽花は、常緑低木で冬眠しないことが判った。西洋アジサイと、常緑性のトキワ紫陽花の交配から生まれたと言う。


IMG_9294.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2538-2e59fe32

 | ホーム |