FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


健康で、365日歩けたことに感謝

外へ出た瞬間、チクッと刺すような非常に冷たい風に、思わず身震いがした。日の出前の明けに染まった空を見上げると、一点の曇りもなく晴れ渡り、来年は良い事がありそうな予感をさせる朝だった。しかし、天気予報官が報じていた大陸から押し寄せている大寒波は、日本海側は大雪、関東地方の山間部はもちろん、平地でも積雪が予想されていた。丘陵の端から昇った、今年最後の日の出に手を合わせ、健康で365日歩けたことに感謝した。地球全体から見れば、陸地は30%、その地上で生存する人類は、2019年現在約77億人、今その地球上では、二大国のいがみ合い、そして弱小国は、国と国とが境界を挟んで大国の代理戦争を繰り返していた。異民族、異思想、異宗教、異生活が存在する限り、人類同士の争い事は無くならないだろう。しかし、今直面している問題は、人類とウイルス病魔との戦いだろう。ペスト、コレラ、エイズ、インフルエンザと克服して来たが、現在、未知のウイルスであるコロナとの戦いが始まったのである。コロナは、人類に取りつき、仲間を増やし、更に変異し強さを増して人類を席巻しようとしていた。人類同士の戦いなどやっている場合ではないだろう。悲しいかな、平和に見えるわが町でも、足元では、自生種の植物が外来種に負け、川の中を覗くと、メダカ、フナ、コイなどから変わり、ブルーギル、バス、噛みつき亀が生息し、動物では、ハクビシン、キョン、そして、昆虫やダニに至るまで、環境に適する力と繁殖が強い外来種に席巻されてしまっていた。そして現在、勢力の強い外来種を駆逐しようと言っても、すでに手遅れ、今できる事は、共存の道を探さざるを得ない状況だろう。地球上で生存できる種類と数は、自然の摂理の中で(例えば、食物連鎖など)成り立っているのだろう。あまり数が増えれば自然淘汰し(例えば、異常発生したバッタは、食物を食い尽くすと死滅し、セイダカアワダチソウは、繁殖力が強い余り、根を張りすぎて枯れてしまう。魚なども異常発生すると酸素不足で死滅する。)光、水、酸素など、生物が必要とするものの環境の変化に適合出来ない種は、滅んでしまう。人類は、長年に亘り、自分たちに都合のいいように、進歩だ、発展だと地球環境を変えて来て、自らコントロール出来ない、地球に存在しなかったものまで作り出してしまった。その結果、地球温暖化現象を引き起こし、絶滅するもの、新たに生まれて来たものが、現在、人類に影響を及ぼしているのである。地球は、人類だけのものではない事の警告と捉えるべきであろう。人類の数、77億人が適合であるのか、ないのか、自然はウイルスによって人類の数をコントロールし始めたのではないだろうか。果たして、私の仮説はいかに❓ 2020年の最後となる日に記す。


IMG_7649.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2566-5a28e88f

 | ホーム |