FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


朝日に照らされ、溶けるように雲は、その姿を消し去った。

風が谷津田の奥で微睡んでいた雲を、叩き起こし、追い立てると、静々と太陽が昇って来た。雲は、蜘蛛の子を散らしたように逃げ出すと、胡散霧消していった。徐々に昇り来る太陽からの眩しい陽射しを受けた木々や草々が、黒い陰を長く伸ばして見せたその姿は、一幅の墨絵を見ているようだった。雲が消えて行った空は、底が見えない透明度の高い深海を覗いているようでワクワクした。そして、丘陵に囲まれた広大な田圃は、地平線が見える程奥が深かった。こんなに素晴らしい風景を眺めているのだが、谷津田の奥から吹き渡ってくる寒風がきつく、風除け一つない田んぼ道は、ぶるぶる震えながら歩いた。しかし、この景色を、独り占めしながら歩いて行く満足感に浸っていると、寒さを忘れて、しきりとカメラのシャッターを切り捲っていた。いったん、この世界から抜け出すと、コロナウイルスニュースで喧噪な現実の世界に引き戻された。


IMG_1568.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2574-779f1616

 | ホーム |