FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


沈丁花の甘い香りが漂う朝、今日は啓蟄。

灰色の絵の具で空全体を塗り尽くしたのは誰だと言いたいほどだった。塗り残した手抜きの青空は見えなかった。農道を下って行く途中で、ジンチョウゲ『沈丁花』の甘い香りが匂ってきた。発音から中国原産とわかるような植物で、日本では室町時代には栽培されていたと言う。そして、驚いたことに、雌雄異株の沈丁花だが、日本にあるものはほとんどが雄株で、雌株は中々見つけられないと言う。と言う事で、株を増やす方法は、挿し木をするしかない。いつも群れているムクドリ『椋鳥』だが、電柱のテッペンに二羽だけで止まっているのが見えた。カメラの望遠で覗いて見ると、どうやらオスとメスのつがいのようだ。いつも群れているので、雌雄の見分け方が難しいのだが、オスは胸や腹、背中など黒っぽく、メスは、全体が褐色に近い色をしている特徴から見分ける方法が一番しやすい。名前の由来は、椋の実を群れて食べる所からムクドリ『椋鳥』と呼ばれる様になったと言う。


IMG_4470.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2629-22c5618a

 | ホーム |