FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


風は冷たいが、明るい顔を見せる花たち

薄紅、緋紅、白、白と紅の斑のボケ『木瓜』が咲いていた。果実が瓜に似ているので、木になる瓜『木瓜(もけ)』と呼ばれたものが『ボケ』に転訛したとも、『木瓜(ぼっくわ)』から『ボケ』になったとも言われている。原産地は中国大陸で、日本には平安時代に渡来して観賞用として栽培された帰化植物である。枝には棘があり、写真を撮ろうと木の間にカメラを挿し込んだ時、指に刺さり痛い思いをした。スノーフレーク『鈴蘭水仙』と呼ばれる、スズランに似た花が咲いていた。花弁の先端に緑の斑点がある可愛い花である。また、この花に良く似たスノードロップ『待雪草』があるが、スノードロップが先に咲き、その後にスノーフレークが咲くという、花の咲く時期の違いがある事と、花の形の違いで見分けられる。また、稲の種もみを水に漬け、稲代の準備をする頃に咲く事から、タネツケバナ『種漬花』と呼ばれる在来種の植物が白いチマチマした小さな花を付けていた。同じタネツケバナなのに、水田など水のある場所に咲く種漬花と、道端の乾燥した場所に咲く道種漬花がある。同種であっても、育つ環境が違うと呼び名まで変わってしまうのだった。


IMG_5200.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2643-10947a0c

 | ホーム |