FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人々が愛でる桜に負けじと咲く桃の花

春を迎えて、梅、桃、桜と、順番に花を愛でながら郊外へ出て、寒い冬から解放された暖かい季節を楽しんで来たのだが、今年はコロナウイルス感染症のため、各地でお花見宴会の自粛が叫ばれ、お祭り好きな日本人にとっては、今までにない寂しい花見となってしまった。今朝一番に目についた桃の花に拘ってみた。ご存知のように、桃は中国原産で、日本では縄文時代以前から栽培されていたが、甘い品種が無かったため、観賞用として楽しんでいたようだ。江戸時代になって、甘みのある品種が入って来て、花を楽しむ『花桃』と、食用の『実桃』に分けられたと言う。花桃と実桃の見分け方は、桜に似た一重の花を咲かせるものが『実桃』で、八重桜に似た花を咲かせるものが『花桃』のようである。三月三日は、女の子の健やかな成長を祈って行われるひなまつりは、『桃の節句』と呼ばれる。この頃に花咲く桃は、中国において仙木、仙果と呼ばれ、邪気を払い、魔除けの効果があるとされている事から、縁起を担いで桃の節句と呼んだのだった。ちなみに、もも『桃』の語源は諸説あるが、そのひとつに、多くの実を付ける所から『百・もも』と呼んだと言う。また、一本の木に白花と紅花を付ける、ゲンペイモモ『源平桃』がある。


IMG_0133.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2652-7537d0c4

 | ホーム |