FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


黄金色の豪華なスダレと思いきや、ヤマブキの花

歩いて行く先に、黄色いスダレ『簾』が掛けられているのかと思うほど、見事に枝垂れて咲くヤマブキ『山吹』の花が見えた。ヤマブキと言うと、太田道灌の逸話がすぐに思い浮かぶのだが、そのためにヤマブキには実が付かない事になってしまっている。しかし、実際には実を結ぶ。花は、一重のものと、八重のものがあって、一重の花に実が生るのだ。それではなぜ、八重の山吹は実を結ばないのかと調べてみると、雌しべが退化して花びらになってしまっているからだった。ある家の前を通りかかった時、垣根沿いに咲く、ツルオドリコソウ『蔓踊子草』を見つけた。この花は、ヨーロッパ原産で、黄色の花を付け、地面に蔓を伸ばし広がって行く。そして、葉に斑が入るのが特徴の帰化植物である。日本原産のオドリコソウ『踊子草』は、白花と桃色花があり、唇状の花を咲かせ、上唇は兜のように、そして下唇は突き出て先端が二つに分かれている。オドリコソウの名前の由来は、花の付き方が、笠を被った踊子たちが並んだ姿に似ているところから付けられたと言う。当地では、田んぼに沿った半日陰の道の法面に毎年見られていたのだが、今年は残念ながら二株ほどしか見つからなかった。ヒメオドリコソウ『姫踊子草』という、本来のオドリコソウとは似ても似つかないほど違う草がある。ヨーロッパ原産で四季を通じて咲いているので、道端の雑草として扱われている。ホトケノザと一緒に咲いている事が多く、一見花が同じ様に見えてしまっている。


IMG_6819.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2672-e2b28a03

 | ホーム |