FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


路傍の花か、されど路傍の花の価値を見直す

小説家の山本有三氏が書いた小説に『路傍の石』と言うのがあった。内容は、尻切れトンボで終わったような感じの小説だったが。兎に角、路傍の石とは、その辺の道端に落ちている石のように、存在感のないものを言う。そんなことを言うと、花たちに怒られてしまうかも知れないが、目に入っても、じっくりとその花を見つめることの少ない路傍の花の存在は、しっかり足を止めて、じっくり見つめてみると、なんて可愛い顔をしているかと、改めてその花の存在を知る。しかし実際、現在の様に、目まぐるしく変わる世の中では、直面する生活優先で気持ちのゆとりもない状態にあり、稀に、花を見ると、気持ちが和らぐと言われる花たちは、花屋に並んでいる値段の付く花たちであって、存在すら感じてもらえないほど道端に咲く花たちは、忘れ去られている。そのような事を、現代社会に照らし合わせてみると、脚光を浴びて登場する人たちは、持て囃され、評価され、羨望の的となっている。そこまでなるために弛まない努力があってこその結果であって素晴らしい事であるが、それ以上に努力している人が沢山いる事も事実であって、人の目に留まらず、脚光も浴びず、人知れず終わってしまう人たちの存在を、路傍の石として終わらしてしまう事は忍びない。しかし、その人たち、そんな花たちは、人として、花として、生まれて来た事の喜びを感じている事と思う。


IMG_7374_20210423093014353.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2678-cf29c3fc

 | ホーム |