FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


強烈な太陽の日差しが降り注ぐ朝

昨日の帰宅時、夏祭りへ、浴衣を着た若者たちが、雨降りにもかかわらず、賑やかに出かけて行く姿を見かけた。今朝は、昨日の雨模様が、嘘のように晴れ上がった、真っ青の空から、暑く厳しい陽射しが、容赦なく、肌に突き刺さる様に、飛んで来た。日差しを受けた、丘陵の東側に点在する農家は、暑さにあえいでいるように見えた。太陽を背にした、西側の丘陵に沿った道は、日陰になり、日向との温度差は、10度以上もありそうだった。すくすくと育っている稲は、あぜ道を歩く、私の膝の位置へ届くほど、伸びていた。直に、花芽を持つことだろう。今、畔道を飾っている、昼咲月見草の淡いピンクの花が、熱気を帯びた風に、嫌々と首を振っていた。それに比べ、夏の日差しを浴び、我が季節の到来だと言わんばかりに、鮮やかな、濃い紫の花を、生き生きと咲かせている、ブーゲンビリアの大きな鉢が、ある農家の軒先に置かれていた。そして、いつも足音を聞きつけると、飛び出して来る犬は、縁の下の日陰の中で、長く延びていて、億劫そうに、チラッと横目で、挨拶をした。どんどん気温が上がって行く事を、汗の吹き出す体が、教えていた。


IMG_8328.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/919-996784d0

 | ホーム |